古本街ひやかし紀行
b0053019_2244362.jpg
さあ!魅惑の神保町古本街を散策してみよう!!

b0053019_22474116.jpg
古本の陳列方法は大きく分けて2パターンあるということに気付きました。
1つはオーソドックスに本棚に収める「本棚形」、2つ目は本を縦に積み重ねていく「積み上げ形」です。
こちらは「積み上げ形」の典型例ですね。この店の場合、本の幅、色、厚さなどを上手く組み合わせて美しく積んでいます。黄色いタグも綺麗ですね。

b0053019_2303339.jpg
ただこの陳列方法は下の方にある本が非常に取りにくいという難点があるようですね。
したがって下段には人気のない本を置くのが定石のようです。

b0053019_231111100.jpg
屋外にも本は並んでいます。青空の下、難しい本を物色する青年がいました。勉強熱心ですね〜。

b0053019_23133113.jpg
こちらの裏道でも青空文庫を真剣な眼差しで選ぶ男性が。いや〜素晴らしい・・

b0053019_23161883.jpg
・・・って漫画かよ!

b0053019_23183438.jpg
気を取り直して散策を続けます。雑誌や写真集、パンフなどもかなりたくさん売られていました。このような本には、買い物かご状のものに詰めて並べる手法が有効のようです。

b0053019_23233412.jpg
雑誌のバックナンバーも美しく並べられると購買意欲が増しますね。

b0053019_23275090.jpg
洋書屋さんに入ってみることにします。

b0053019_233016.jpg
店内では若者がデザイン系の輸入本をチェックしていました。

b0053019_2332398.jpg
この日はちょっと探していた本があったのですが、見つかりませんでした。佐々木マキさんの古い漫画本なんですけど・・まぁ結局自分も漫画を買いに来たということですね・・・

b0053019_23415227.jpg
最後に難しそうな本の写真を載せて古本散策編を終わりにしたいと思います。
by igu-kun | 2005-05-07 23:45 | 神田・秋葉原・お茶の水
<< 神保町の裏道徘徊・・前編 九段下ビル >>