日本堤の風景・・前編
b0053019_1114578.jpg
日本堤・・廿世紀浴場というアールデコの銭湯を擁する渋い町。。山谷、吉原、南千住という東京の日陰トライアングルの中央に位置する下町の「要所」であります。
 
b0053019_1274112.jpg
戦前は「山谷堀」という堀が流れていたようです。その名残なのか、この辺りには小さい陸橋が幾つか点在しています。
その昔、粋人たちは隅田川から分岐する堀を舟で往来し、吉原の遊郭を目指したと・・そんな先人たちも愛したに違いない名店をピンポイントで紹介したいと思います。

b0053019_143586.jpg
「土手通り」沿いに一際目を惹く木造の日本家屋。
手前が天ぷらの「土手の伊勢屋」、奥に見える看板の店が「桜鍋の中江」です。
土手の伊勢屋は、行列覚悟の天丼の名店。イ、ロ、ハの3ランクのうち、最も人気の高い「ロ」は、穴子の一本揚げ、エビ、かき揚げなどが乗った迫力満点の一品。
そして隣の中江。こちらは桜鍋(馬肉のすき焼き)のお店です。入れ込みの座敷で供される桜鍋が雰囲気抜群、古き良き時代にタイムスリップできること請け合いです。
両店とも明治創業とのこと・・風格ありますね。

b0053019_292319.jpg
向かいにはこんなそば屋も・・こちらもかなり古そうですね。。

b0053019_210339.jpg
一本路地にはいると、やきとりのいい匂い・・おやつ代わりに小学生が小銭握りしめてやってくる、そんなお店ですね。。

b0053019_2121185.jpg
浅草界隈でもめっきり見なくなった正統派駄菓子屋さんを発見!看板にひっそりと「お好焼き」という文字が見えます。

b0053019_2163246.jpg
コインランドリー「カネヤ」の看板。レインボーカラーが何とも言えません。。

後編につづく・・・
by igu-kun | 2005-06-19 02:22 | その他イロイロ
<< 日本堤の風景・・後編 アールデコな銭湯〜廿世紀浴場 >>