高輪お寺巡り・・歴史の舞台、東禅寺
b0053019_231431100.jpg
高野山東京別院の裏手にある名刹「東禅寺」です。

b0053019_23173071.jpg
閑静な雰囲気は高輪のお寺の中でも随一かもしれません。

b0053019_015285.jpg
三重塔前で穏やかな表情を見せる仏像。

b0053019_23184497.jpg
そんな東禅寺ですが、幕末期には歴史に名を残す「東禅寺事件」の舞台となっています。

b0053019_23322691.jpg
東禅寺事件とは1861(文久元)年、水戸藩の浪士が当時イギリス公使館だった東禅寺(幕末期、港区の寺院は各国の公使館として使われていた)を襲撃した事件で
初代英国大使ラザフォード・オールコックは無事だったものの、通訳など数人の犠牲者を出したそうです。

b0053019_23425880.jpg
その時の刀傷が境内の一角に残されていました。
開国まもない幕末の日本では攘夷運動(外国人を排斥しようとする運動)が高まり、生麦事件などの騒乱がいくつか起きましたが、東禅寺事件もその一つと言っていいでしょう。

b0053019_23575941.jpg
境内の隅に建てられた鐘楼。
他にも立派な三重塔や美しい庭園(残念ながら非公開)など見所は多いです。
高野山別院裏という奥まった場所にありますが、非常に存在感のあるお寺ですね。

人気ブログランキング
今日も是非クリックしてね!
by igu-kun | 2006-02-25 00:06 | 高輪・白金・三田
<< 高輪1丁目・路地の風景 高野山東京別院と、その付近の景色 >>