山形古建築巡りの旅・旧尾形家住宅
b0053019_22562526.jpg
尾形家は代々庄屋をしていた家柄で、その旧邸宅は17世紀に建てられた立派な茅葺き屋根の古民家。
国の重要文化財にも指定されているそうです。
中門造り曲り家という住居部分と厩が連結した造りで
釘は1本も使われておらず、小屋組は無数の縄で結ばれています。

b0053019_2363697.jpg
こちらは土座と呼ばれる囲炉裏のある座敷。
床は土間たたきの上に籾殻、わら、ござを重ねて敷いてありフワッとした柔らかさ。
座り心地も極上でした。

b0053019_2314721.jpg
土座の窓は内側にはね上げるような仕組みになっていて、これも珍しい。

b0053019_23163563.jpg
庭の柿。

b0053019_23192412.jpg
尾形家住宅近くで栽培されていた菊。

今日で山形シリーズラストになります。
長々とお付き合い頂きありがとうございました!

人気ブログランキング←レッツクリック!!
by igu-kun | 2006-11-02 23:23 | 日本各地
<< 秋の遠足 山形古建築巡りの旅・蟹仙洞 >>