番町裏道探検・四番町と六番町
b0053019_21553185.jpg
四番町のオフィスが集まる一角、歩道の真ん中に砂場のようなスペースが・・・
一体何なんでしょう。

b0053019_21593827.jpg
こちらは帯坂。説明書きによれば・・・

この坂を帯坂といいます。名称は歌舞伎で有名な番町皿屋敷の旗本青山播磨の腰元お菊が髪をふり乱し帯を引きずってにげたという伝説によります。また一名切通し坂ともいわれたのは、寛永年間(一六二四〜一六四三)外堀普請の後に市ケ谷御門へ抜ける道として切り通されたのでその名がつけられたといいます。

ということで、番町皿屋敷にゆかりの深いスポットだそうです。

b0053019_223325.jpg
お風呂屋さんの桶でお馴染みケロリンの内外製薬東京支社が四番町にありました。

b0053019_2251851.jpg
育ちすぎて何だか気持ちが悪いサボテン(?)
ここまでが四番町。

b0053019_22161624.jpg
続いて六番町です。
今年はアロエの花を本当によく見かけます。

b0053019_2265963.jpg
古い物件が残る一角もありましたが、いずれも取り壊されてしまうようです。

名称未入力

人気ブログランキング←クリックしてね。
by igu-kun | 2007-02-05 22:09 | 四谷・市ヶ谷・神楽坂
<< 番町裏道探検・五番町 番町裏道探検・三番町後編 >>