カテゴリ:渋谷・新宿( 73 )
井の頭通りからスペイン坂へ・・
b0053019_0225455.jpg
井の頭通りでやけに目に付いた看板、「フリードリンク・マンボー」。思わず脱力してしまいます・・その後この中途半端なフレーズが頭にこびりついてしまい、小一時間悩まされました。ああ、見なきゃよかった・・

b0053019_0375197.jpg
東急ハンズをひやかした後、信号を渡りレコード屋の集まる一角に来ました。
この辺の裏道は、油断してると張り紙だらけになってしまうようです・・

b0053019_041378.jpg
とあるショップの裏側は一面チラシでした。これは一枚一枚根性で貼ったのか、それともチラシが勝手に増殖しているのか・・・

b0053019_047439.jpg
あのような壁を見ていると非常に疲れるので、トリコロールの塀でも眺めて脳を中和させたいと思います。

b0053019_049361.jpg
先ほどのチラシベタベタハウスもそうでしたが、この辺にはちょっと古い家屋が多く、それらの建物はショップとして借りられるケースが多いようです。
こちらのアパートも数軒のお店が集まる「ショッピングセンター」ですね。

b0053019_0545618.jpg
パルコの裏にある休憩スペース。ちょっと疲れたので休みたかったのですが、空席がありませんでした・・・

b0053019_057324.jpg
こちらはスペイン坂です。ここのストリートはどこか原宿竹下通りに似ていますね。
さっそくスパゲッティをやけ食いする男が出迎えてくれました。

b0053019_165119.jpg
輸入雑貨店「大中」に売られていたモノ。パンダのトイレ3点セットが結構気になります。カエルのクッションも・・ということで思わず店内を10分ほど物色してしまいました。
by igu-kun | 2005-05-19 01:11 | 渋谷・新宿
道玄坂から文化村通りに抜ける・・
b0053019_0144257.jpg
玉子入りムルギーカリーで満腹となったことだし、そろそろ渋谷の街をウロウロしますか・・

b0053019_0251454.jpg
道玄坂のマンホールで記念撮影。と言っても足のみですが・・・
ところで「DOG・EN・SAKA」という区切り方に何か意味はあるのでしょうか。

b0053019_0345757.jpg
おお!まだあったのかこの古い建物群。以前から気になっていたんですよね、渋谷地区で現存するモノの中では最古参なのではないでしょうか・・

b0053019_0394234.jpg
一階部分の商店は全て閉店した模様ですね。後日とあるサイトで調べたら老朽化で近々取り壊されることが決まったそうです。残念ですね・・実物を見るのは今回が最後でしょう。

b0053019_0485239.jpg
古いと言えば道玄坂小路にある「フレッシュマンベーカリー」も負けてはいません。まぁ、こちらもパン屋自体はとっくにリタイアしているのですが、何故か建物だけは残っていますね。
取り壊される前に撮影しておきましょう。

b0053019_053527.jpg
「お仏壇のはせがわ道玄坂店」の店先には毛筆で書かれた説法が貼られていました。まともに読んでいる人はいませんでしたが・・・

b0053019_14461.jpg
先ほどの道玄坂小路を通って文化村通りに出ました。センター街ほどではないにせよ、この辺に来るとグッと「渋谷度」が増してきます。
by igu-kun | 2005-05-18 01:09 | 渋谷・新宿
渋谷ムルギーでカリーを食す
b0053019_2337514.jpg
以前から気になっていた渋谷の印度料理店「ムルギー」。しぶや百軒店(ひゃっけんだな)という渋〜い商店街にあるこのお店のカリー(こちらではそう呼ぶ)は中毒性が高いと評判なのです。
こちらがお店の外観。さあ、入りますか・・

b0053019_2346119.jpg
席に着くと水とスプーンが運ばれてきます。さっそく一番人気だという「玉子入りムルギーカリー」を注文しました。

b0053019_2350027.jpg
カリーが来るまで少し店内を見回してみました。う〜ん、外観も渋いが内装もかなりきてますねー。

b0053019_23511357.jpg
昭和の雰囲気を今に残す古き良きインテリアですね・・・ところでここのカリーは盛り方がかなり個性的だと聞きましたが・・・

b0053019_23592718.jpg
カリー到着です!おお、確かに凄い盛り方です。サラリとしたカリーの脇にそびえる三角形のご飯。そこに輪切りのゆで玉子と一筋のケチャップが彩りを添える・・・
これはまるで皿の上に築かれた山海のジオラマです、素晴らしい! 

さて、おもむろにライスの山をカリーの海へ崩し、口に運んでみると・・・
なるほど、派手さは無いが確かにどこか複雑で、なおかつホッとする味です。辛さも程よく万人向けといったところでしょうか。
サラリとしたルーは決して重くなく、胃もたれの心配は皆無と言っていいでしょう。
これで丁度1,000円、美味しゅうございました。
by igu-kun | 2005-05-17 00:25 | 渋谷・新宿