荒木町ラビリンス・・vol,3
b0053019_23564621.jpg
路上観察をしながら池を目指しましょう。

b0053019_23573688.jpg
地面に謎の文様が・・・これは一体何なのでしょうか。

b0053019_23584615.jpg
アルゼンチンタンゴBARなるものがありました。
タンゴのショーを観賞できるのか、それとも入店したら強制的に踊らされるのか・・・

b0053019_034126.jpg
荒木町らしい個性的な店だと思います。

b0053019_072869.jpg
渋い家屋とBAR・・・

b0053019_0103197.jpg
こちらはさしずめBARのアパートだ。

b0053019_0121637.jpg
そうこうしているうちに池にたどり着きました!
荒木町のオアシス「策の池(むちのいけ)」です。
かつてはこの辺りに「策(むち)の井」という泉があり、かなりの水量の滝がこの池にそそいでいたようですが、明治後期には泉も枯れ、池も徐々に縮小していき現在は滝つぼくらいの大きさを残すのみとなってしまったそうです。
周囲の景観も年々変わってきているそうで、その風情は失われつつあるといっても過言ではないですね。
池の上にある祠は「津の守弁財天」。

b0053019_029416.jpg
祠の中にいたミニ七福神。

b0053019_0311463.jpg
池の周りはベンチが置かれ、ちょっとした休憩スペースになっていました。

b0053019_0322629.jpg
さて、今回荒木町散策で是非見ておきたかったのがこちら。
「無用階段」「純粋階段」などと呼ばれる典型的なトマソンです。
起伏に富んだ荒木町ならではの事例ですね。

人気ブログランキング
非天然色にポチッと投票して頂けるとうれしいです。
by igu-kun | 2005-12-01 00:40 | 四谷・市ヶ谷・神楽坂
<< 庭園美術館で紅葉を愛でる 荒木町ラビリンス・・vol,2 >>